jrockers

jrock情報まとめです♫

「BUMP OF CHICKEN」の影響を受けているであろうバンドたち

   


本家「BUMP OF CHICKEN」

藤原基央(vo,g)、増川弘明(g)、直井由文(b)、升秀夫(ds)という千葉県佐倉市出身の1979年生まれの幼なじみ4名で構成。愛称は“バンプ”など。94年より活動を開始し、96年2月に現編成での初ステージを踏む。2000年にシングル「ダイヤモンド」でメジャー・デビュー。2002年の1stアルバム『jupiter』が初登場1位を獲得。以降、ヒットを重ねてシーンのトップランナーへ躍進し、常に進化をしながらも高い人気を獲得。

BUMP OF CHICKENの全国スタジアムツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY"」のファイナル公演が、昨日7月17日に神奈川・日産スタジアムで開催された。

全国スタジアムツアーを終えたばかりの
「BUMP OF CHICKEN」

BUMP OF CHICKEN「Butterfly」

「バンプの中で誰が一番好きなの?藤くん?」ってよく聞かれるけどわたしはBUMP OF CHICKENというバンドそのものが好きだし彼らの曲が好きだしメンバー全員が好きだけど藤原基央の可愛さがカンストしてるせいで自然と彼への言及が多くなるわけアンダースタン?

そんな彼らの影響を受けているだろうバンドはこちら…

■Halo at 四畳半

2012年の6月に千葉県佐倉市で結成されたギター・ロック・バンド。メンバーは片山僚(ds&cho)、渡井翔汰(vo&g)、白井將人(b)、齋木孝平(g&cho)の4人。

バンド名は、銀河を取り巻く“Halo”と現実を象徴する“四畳半”のあいだに位置する存在という意味が込められている。

渡井の力強い歌声や叙情的なサウンドで人気を集め、本格的なデビュー前から数々のイベントに出演。

Halo at 四畳半 "春が終わる前に"

Halo at 四畳半 "リバース・デイ" (Official Music Video)

Halo at 四畳半いいね~
音楽性がBUMPに似てるし…
これはハマりそうな感じがする
アルバム借りてこようかな(´-`).。oO

Halo at 四畳半の「春が終わる前に」という曲を少しだけ聴いた。これは褒め言葉なんだけど少しBUMP OF CHICKENに似てる気がする。バンドの持つ空気感とか詞が似てるなぁと感じた。ボーカルの男の子の声がとても良い。バンドのバランスも良いなと少し聴いただけだけど思った。

@O4OIIO ガチめにいうとHalo at 四畳半ですね ハロ全員BUMPファンだし、BUMPと地元同じ(ë)

■phonon

名古屋で結成された3ピースロックバンド。
2011年より現メンバーで本格始動。
2016年、2nd Mini Album「夕闇日記」をリリース。

暖かい歌声にのせたキャッチーで美しいメロディー、 情景描写溢れ、ストーリー性のある歌詞は又とない物語を聴かせてくれる。

phonon / 「ゼロと白」 MV

phonon / 「夕闇日記」 MV

@kntnfjrn わかります❤思い出も悲しかった記憶も。名古屋のphonon というバンドも、BUMP OF CHICKENに憧れて背中を追いかけて、まるでバンプを彷彿させるようなバンドです!良かったら聴いてみてくださいー!❤youtu.be/IsNJNwfxeFY

phononのコピバンがBUMPだったりアジカンだったりしたのも熱い。

上司に社会復帰のきっかけを聞かれたけど、外に出るようになったのはphononのお陰で、就職に繋がる第一歩をくれたのはBUMP OF CHICKENのG-SHOCKですとは言いにくいですね……( ´Α`)

■phatmans after school

2010年に北海道札幌市で結成。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized