jrockers

jrock情報まとめです♫

【代用ウナギ】近大ナマズ人気ウナギ上り ウマい、安い…土用丑の日の主役奪う?

   

【代用ウナギ】近大ナマズ人気ウナギ上り ウマい、安い…土用丑の日の主役奪う?

1: DQN ★ 2016/07/31(日) 07:18:45.81 ID:CAP_USER9.net
 「土用の丑(うし)の日」の30日、ウナギの値段が高止まりして“高根の花”となる中で、代替品として食感を似せたナマズのかば焼きが飲食店やスーパーの店頭で人気を呼んだ。

 注目を集めたのは、近畿大(大阪府)が開発したウナギに食感が似たナマズだ。昨年に続き、東京・銀座と大阪市の直営飲食店で各100食を提供。銀座店に午前8時半から並んでナマズ重(2200円)を食べた川崎市の会社員石塚零央さん(32)は「ナマズと言われないと分からない。おいしくて満足です」。

 小売店でも、イオンが初めて近大のナマズのかば焼きを商品化し、全国121店舗に並べた。数量限定だが、半身1枚で1598円と主力のウナギのかば焼きと比べて500円ほど安い。

 水産庁によると、ウナギの稚魚(シラスウナギ)は昨年冬に不漁で不足分を輸入で補ったため、取引価格は1キロ当たり182万円と前の漁期より8万円上昇している。

 大阪市生野区の「舟屋」では、炭火でウナギを焼く香ばしい香りが漂い、開店前から30人近くが列をつくった。仕入れ値が上がり、並のうな重弁当が昨年より180円高い1870円。店主の山本憲男さん(49)は「厳しい状況だが、値上げ分増量したウナギで喜んでもらいたい」と話した。大阪市の主婦岡野智子さん(37)は家族分を購入。「年に1度のぜいたくです」と笑った。

 夏の猛暑を乗り切るスタミナ食の主役が、今後はナマズとなる可能性もあるかもしれない。

 ▽近大ナマズ 近大がウナギの代替品として、食感が似ていて養殖技術が確立されているナマズに着目。2009年に開発を始め、味を近づけるため、養殖中のえさや水質を工夫した。今年6月からは、格安航空会社「ピーチ・アビエーション」が機内食として近大ナマズを提供するサービスを開始した。

スポニチ:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/07/31/kiji/K20160731013065810.html

引用元: http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1469917125/

ページ: 1 2

 - Uncategorized